グルコサミンサプリメントの飲み方

グルコサミンサプリメントは、エビやカニ植物などから抽出したグルコサミンを筆頭に、コラーゲンやヒアルロン酸、コンドロイチンなどの天然由来成分で構成されています。

副作用リスクのある医薬品などは一切配合されていない健康食品または栄養補助食品に分類されるので、飲み方や飲むタイミングなどは明確に定められていません。

実際、グルコサミンサプリメントを販売しているメーカーの公式サイトに掲載されているQ&Aなどをチェックすると、ほとんどの場合、「好きな時にお召し上がり下さい」と記載されています。

ただ、中にはグルコサミンサプリメントの効果をより高めるおすすめの飲み方が紹介されているところもあるので、余裕のある方は飲む量だけでなく、飲むタイミングも意識してみるとよいでしょう。

グルコサミンサプリメントの正しい飲み方

グルコサミンサプリメントの正しい飲み方のポイントは、大きく分けて3つあります。

分割して飲む

グルコサミンサプリメントの1日の摂取量は商品によって異なりますが、平均すると1日6~8粒程度、多いものだと1日に10粒飲まなければならないものも存在します。

一度に大量のサプリメントを飲むのはなかなか大変なことで、特に錠剤やタブレットを飲み込むのが苦手な方は体に負担がかかってしまうおそれがあります。

そのため、グルコサミンサプリメントを摂取するときは、1日2回または3回程度にわけて分割服用するとよいでしょう。

ちなみに、1日数回にわけてグルコサミンを摂取すると、効果がより長く持続するので、効率の面でも分割服用の方がおすすめです。

飲むタイミングは食後がおすすめ

グルコサミンサプリメントは基本的にいつ飲んでもかまわないのですが、胃腸が弱い方の場合、空腹時に飲むと胃に負担をかけるおそれがあります。

そのため、グルコサミンサプリを飲む時は食後など、胃に何か入っているタイミングで摂取するとよいでしょう。

また、食後に飲むと決めていると習慣化しやすく、飲み忘れ防止にも役立ちます。

最低でも半年は飲み続ける

グルコサミンサプリメントは医薬品ではないので、短期間で関節の痛みを解消したり、肌の乾燥を改善するなど、劇的な変化を期待することはできません。

そもそもグルコサミンサプリメントは対症療法の薬ではなく、不足しがちな軟骨成分を補うことで関節の痛み、きしみを予防する商品なので、利用する時はじっくりと腰を据えて取り組む必要があります。

実際に変化を感じ始めるまでの期間には個人差がありますが、軽い症状であれば約1ヶ月。慢性的な症状を抱えている方なら半年~1年程度で徐々に変化を実感できるようになるので、最低でも半年間は毎日継続するよう心がけましょう。

もちろん、今ある悩みを改善するだけでなく、予防として長期間愛用すれば、健康や美容を維持することができます。

「グルコサミンサプリメントの飲み方」の関連ページ

グルコサミンサプリメント情報

選び方 飲み方 経口摂取について サプリメント一覧

グルコサミンTOP

このページの先頭へ