植物性グルコサミン

植物由来のグルコサミンとは、とうもろこしなどの植物原料から抽出したグルコサミン成分のことです。

従来のグルコサミンはエビ・カニなどの甲殻類やイカを原料とした動物性グルコサミンが主流となっていました。

しかし、安全性の問題から近年はエビ・カニ・イカ由来の動物性グルコサミンを避ける人も増えており、植物性グルコサミンの需要が高まりつつあります。

植物性グルコサミンはさまざまな植物原料に含まれており、食材で言えば山芋やおくら、なめこ、納豆など、粘りけのある食べ物に豊富に含まれています。

一方、植物性グルコサミン配合のサプリメントとしては、そのほとんどがとうもろこし由来のでんぷんを使用しており、有用菌で発酵させた「発酵グルコサミン」を配合するのが一般的となっています。

植物性グルコサミンのメリット

安全性が高い

現在市販されているグルコサミンサプリメントは、エビ・カニの殻のキチン質から抽出した動物性グルコサミン配合のものが主流となっています。

エビやカニは食材としても使用されているため、それ自体に危険性はありませんが、甲殻類アレルギーを持っている方が服用するとじんましんや発疹、腫れなどの症状を引き起こす可能性があります。

甲殻類アレルギーは数あるアレルギーの中でも反応を起こしやすいことで知られており、ひどい場合は呼吸困難など重篤なアナフィラキシーショックを発症するおそれがあります。

一方、植物性グルコサミンはとうもろこしなどから抽出したでんぷんを素材として使用しているので、甲殻類アレルギーの方でも安心して飲用することができます。

クセがなく、飲みやすい

エビ・カニ・イカなどを原料とした動物性グルコサミンは意外とクセが強く、独特のニオイや苦みを感じやすいところが難点でした。

その点、植物性グルコサミンは嫌なクセがなく、ニオイや味もほとんどないので、カプセルだけでなく錠剤やタブレット、顆粒などどんな形状のサプリメントでも飲みやすいところが大きな魅力となっています。

植物性グルコサミンのデメリット

吸収性がやや低い

動物性グルコサミンの場合、構造が人間の体内成分と似ているため、すみやかに吸収される仕組みになっています。

特に抽出したグルコサミンを酵素分解したN-アセチルグルコサミンは人間の体内に存在するグルコサミンと同じ構造を持っているため、一般的なグルコサミンの3倍の吸収力を誇っており、より効率的に軟骨成分を補うことが可能となっています。

一方、植物性グルコサミンは人間とは根本的に異なる植物原料を使用しているため、動物性グルコサミンに比べると体内吸収率がやや低いところがデメリットとなっています。

サプリメントの種類が少ない

近年は甲殻類アレルギーの方向けの植物性グルコサミンサプリメントも販売されるようになりましたが、動物性グルコサミンサプリメントに比べるとまだまだ少数派で、その数は限られています。

そのため、動物性グルコサミンサプリメントに比べると商品のバリエーションが少なく、選択肢が限定されるところが難点です。

植物性グルコサミン配合のサプリメント

・グルコサミンリッチ

トウモロコシ由来のブドウ糖を原料に作られた発酵グルコサミン配合のサプリメントです。

甲殻類アレルギーの方も安心して飲用できるのはもちろん、一般的な動物性グルコサミンに比べてにおいも少ないので、グルコサミンサプリメントの味やニオイが苦手という方にもおすすめです。

また、コラーゲンの合成を促進するMSMや、骨同士の摩擦を防ぐコンドロイチンなども含まれており、グルコサミンとともに関節のスムーズな曲げ伸ばしをサポートします。

・協和発酵バイオ 発酵グルコサミン

アミノ酸発酵のパイオニアである協和発酵バイオが開発した植物性グルコサミンサプリメントです。

アレルギーリスクのない植物原料を、世界トップレベルの技術を駆使して発酵しており、1日分で良質な植物性グルコサミンを1200mgも補うことができます。

さらに、タンパク質やコラーゲンと密接な関係があるMSMや、関節のクッション機能のもとになるコンドロイチンを組み合わせることで、よりなめらかな動きを実感できるサプリメントに仕上がっています。

・ヤクルトのグルコサミン&コラーゲン

えび・かに由来でない安全なグルコサミンを1500mgも配合したサプリメントです。

これ1つで1日に必要なグルコサミンをしっかり補えるほか、女性の美肌作りにも役立つコラーゲンもたっぷり1000mg摂取できるので、健康も美容もキープしていきたい方にぴったりのサプリメントと言えるでしょう。

商品もスタンダードな300粒のほか、お得用サイズの600粒タイプも用意されているので、用途や予算に応じて使い分けられるところがうれしいポイントです。

植物性グルコサミンの関連ページ

グルコサミンサプリメントの選び方 一覧

由来成分で選ぶ

動物性グルコサミン 植物性グルコサミン

グルコサミンTOP

このページの先頭へ