ペット用のグルコサミンサプリ

ペット用のグルコサミンとは、犬や猫などのペットが飲むことを前提として開発されたグルコサミンサプリメントのことです。

関節の痛みやきしみを感じるのは人間だけでなく、犬や猫などのペットも同様で、高齢になると関節炎を引き起こすペットが増えてきます。

実際、ペットとして飼われている成犬のうち、5頭に1頭は関節炎をわずらっていると言われており、関節障害で動物病院を訪れる方も多数存在します。

特に近年はペットの高齢化により、関節トラブルを発症するケースが増加しており、犬や猫にもグルコサミンを与えようという意識が強まっています。

犬、猫は人間と違って口がきけず、症状を訴えることができないので関節障害も見逃されてしまいがちですが、たとえば足を引きずっていたり、階段などの段差を登りたがらなくなったり、散歩の時に遅れるようになったりしたら要注意。関節に何らかの障害が起きている可能性があるので、病院で治療を受けつつ、日頃から適切なケアを行うことが重要となります。

メリット

不足しがちなグルコサミンを補える

ペットは人間と違ってさまざまな食材を食べる機会がなく、同じペットフードを与えられて育つので、どうしても栄養が偏ってしまいがちです。

特に市販のペットフードにはグルコサミンやコンドロイチンなどが配合されていないことが多く、軟骨成分を十分に補えていない可能性があります。

ペット用のグルコサミンには日頃の食事では摂取できないグルコサミンやコンドロイチン、プロテオグリカンなどの貴重な成分が凝縮されているので、効率よく関節成分を補うことができます。

ペット専用商品だから安心

人間とペットでは体の構造や大きさが異なるため、犬や猫に人間用のグルコサミンサプリメントを与えてしまうと栄養過多になったり、お腹を壊してしまうおそれがあります。

その点、ペット用のグルコサミンは犬・猫が摂取することを目的として作られているため、栄養過多や消化不良になる心配はなく、安心・安全。

中には数多くの臨床データに基づいて最適な配合率を採用している信頼性の高い商品も存在しています。

デメリット

ペットによっては食べてくれないことがある

ペット用のグルコサミンは犬・猫でも食べやすいよう、サイズや味などにも配慮して作られていますが、人間と同じく犬・猫にも好みがあるため、ペットによってはグルコサミンサプリメントを食べてくれない場合があります。

ペットには「健康のために無理して食べる」という概念がありませんので、気に入らなかった場合、商品が丸ごと無駄になってしまう可能性があります。

種類が少ない

人間用のグルコサミンサプリメントは数多く流通していますが、ペット用のグルコサミンはまだまだ一般的ではなく、商品の選択肢も限られています。

そのため、該当サプリメントがペットに気に入ってもらえなかった場合、代用品が見つからず、グルコサミンサプリメントそのものを使えなくなることがあります。

■該当サプリメント

・あんよくん

「ペット用のグルコサミン」の関連ページ

グルコサミンサプリメントの選び方 一覧

タイプで選ぶ

錠剤・タブレット 顆粒 ゼリー 塗るグルコサミン ペット用

グルコサミンTOP

このページの先頭へ