ビタミンについて

ビタミンとは、人間の生命維持や成長に必要な有機化合物の総称で、炭水化物・タンパク質・脂質・ミネラルと並ぶ五大栄養素のひとつに数えられています。

生体内では主に、食物の消化・吸収・代謝・排泄などに関わっている酵素の活性をサポートする役割を担っていることから、別名「補酵素」とも呼ばれています。

そのため、ビタミンが不足すると酵素のはたらきが低下してしまい、病気にかかったり、成長に障害が出たりとさまざまな不調を起こす原因となります。

これら障害はまとめて「ビタミン欠乏症」と呼ばれており、厚生労働省ではビタミン欠乏症を予防するための指針として、日本人の食事摂取基準からビタミンの必要量を定めています。

ビタミンの種類は複数存在しますが、このうち人間に深く関与しているのは13種類で、そのほとんどが体内で合成生産できないことから、食事による摂取が基本となっています。

効果

ビタミンの効果はその種類によって多種多様にわかれています。

ここでは主なビタミンの効果について紹介します。

ビタミンAの効果

別名「目のビタミン」と呼ばれており、視覚機能を調整して夜盲症を予防するはたらきがあります。

ビタミンB1の効果

炭水化物を分解し、エネルギーを代謝するはたらきを持っています。

不足すると糖質の代謝機能が低下し、疲労や倦怠感を感じるようになります。

ビタミンB2の効果

脂質の代謝をサポートするはたらきがあることから、別名「脂肪代謝のビタミン」と呼ばれています。

そのため、ダイエットサプリメントなどにも配合されているほか、コレステロール値を下げて生活習慣病リスクを低減する効果が期待できます。

ビタミンB6の効果

タンパク質の代謝を促すはたらきがあるほか、肌をなめらかに保つ整肌作用も兼ね備えています。

また、免疫機能を正常化する効能もあり、アレルギー症状の軽減にも有効です。

ビタミンCの効果

シミの原因となるメラニン色素の生成を防ぐさようがあることから、美白のビタミンとも呼ばれています。

また、コラーゲンを合成するはたらきや、老化の原因となる活性酸素を除去する作用に優れていることから、アンチエイジング化粧品や美容サプリメントなどにも多用されています。

ビタミンDの効果

カルシウムやリンの吸収を助ける作用があり、丈夫な骨の形成・発育に関与しています。

不足すると骨軟化症やくる病などの疾患を発症する可能性があります。

ビタミンEの効果

細胞を傷つける活性酸素を抑制する抗酸化作用に長けており、生活習慣病の予防や肌のエイジングサイン改善に役立ちます。

また、ホルモンバランスを調整するはたらきがあることから、更年期の症状軽減にも有効です。

ビタミンPの効果

ヘスペリジン、ルチン、エリオシトリンに代表されるポリフェノールの一種です。

ビタミンではありませんが、ビタミンと似たはたらきを持つことから、ビタミン様物質として「ビタミンP」とも呼ばれています。

具体的な効果としては、毛細血管の強化やコレステロール値の低下、抗アレルギー作用などがあり、さまざまな症状への改善に役立てられています。

安全性、副作用

ビタミンは水に溶ける水溶性ビタミンと、油に溶ける脂溶性ビタミンの2種類に分類されます。

このうち、水溶性ビタミンは体内で余っても尿として排出されるため、基本的に副作用が起こる心配はありません。

ただ、ビタミンは体内で一度分解してから活用されるため、過剰摂取すると内臓に大きな負担がかかるおそれがあるので注意が必要です。

一方、脂溶性ビタミンは肝臓や脂肪組織に吸収されやすい性質を持っているため、余った分もどんどん体内に蓄積されていきます。

そのため、水溶性ビタミンに比べると副作用が起こりやすく、たとえばビタミンAを取りすぎると頭痛や筋肉痛が起こったり、ビタミンDを過剰摂取すると吐き気や食欲不振などの症状を発症したりします。

いずれのビタミンも普通に食事として摂取するぶんには副作用を起こす危険性はありませんが、グルコサミンサプリメントをはじめとする健康食品には食事の何倍ものビタミンが含まれており、過剰摂取になりやすいので、1日の用量を守って服用するようにしましょう。

配合サプリメント比較

・世田谷自然食品のグルコサミン+コンドロイチン
糖転移ビタミンP:10.08mg
ビタミンC:40.08mg

・グルコサミンリッチ
ビタミンB1:6.7mg
ビタミンD:5マイクログラム

・暮らしの匠
ビタミンD:配合量不明

・理研ビタミン グルコサミンMX+ビタミンE
ビタミンC:16mg
ビタミンE:50mg

・小林製薬グルコサミン&コラーゲンセット

ビタミンC:2.97mg

・オリヒロ 高純度 グルコサミン粒
ビタミンB1:1mg
ビタミンB6:2.5mg
ビタミンD:1.25マイクログラム
ビタミンK:20マイクログラム

・大塚製薬ネイチャーメイド トリプルフレックス
ビタミンD:10マイクログラム
ビタミンB2:0.7mg

「ビタミン」の関連ページ

グルコサミンサプリメントの選び方 一覧

配合成分で選ぶ

MSM コラーゲン コンドロイチン ヒアルロン酸 ビタミン プロテオグリカン その他の独自配合成分

グルコサミンTOP

このページの先頭へ