コエンザイムQ10

コエンザイムQ10とは、人の体内をはじめ、肉類や魚介類などの食材にも含まれている脂溶性物質の一種です。

生物界において「広汎に(ubiquitous:ユビキタス)」分布するキノン構造の物質であることから、別名「ユビキノン」とも呼ばれています。

コエンザイムQ10が発見されたのは1957年のことで、1972年には日本でうっ血性心不全の治療薬として世界初の認可を取得。

1991年には一般用医薬品として薬局での販売が認められるようになったほか、1990年代からは米国をはじめとする世界各国でサプリメント成分として広く用いられるようになりました。

そして2001年、食薬区分の変更によってコエンザイムQ10を食品成分として利用することが認可されたことから、現在は日本でもさまざまな健康食品やサプリメントに採用されています。

効果

コエンザイムQ10は体内において生命活動に必要なエネルギーを産生しているほか、老化抑制にも優れた効果を発揮します。

生命エネルギーの産生

私たち人間の生命維持や生命活動に必要なエネルギーは、食事から摂取した栄養素を、呼吸から取り入れた酸素を利用し、細胞の中にあるミトコンドリアにおいて生産されています。

ミトコンドリアはいわば生命エネルギーを生み出す工場と言えますが、そのミトコンドリア内に多量に存在するのがコエンザイムQ10で、細胞のエネルギー産生メカニズムにおいて必要不可欠な存在となっています。

生命エネルギーが不足すると、細胞そのものの現象または細胞機能の低下が起こり、老化や疾病リスクが増加するほか、傷ついた細胞も修復されにくくなり、体のあちこちに支障をきたすようになります。

アンチエイジング効果

人間は呼吸によって酸素を取り込んでいますが、そのうち最大5%は活性酸素に変化し、細胞を攻撃して体の老化を早める原因となります。

コエンザイムQ10には体内に蓄積した活性酸素を除去する抗酸化作用があり、体の錆び付きを防いで生活習慣病を予防することができます。

美肌効果

活性酸素は肌細胞を老化させる大きな原因のひとつでもあり、放っておくとしわやたるみ、シミ、くすみといったエイジングサインが現れやすくなります。

コエンザイムQ10の抗酸化作用は肌の老化予防にも有効で、老化のもととなる活性酸素を撃退し、ハリ、ツヤ、うるおいのある若々しい肌作りをサポートしてくれます。

安全性、副作用

コエンザイムQ10は人間の体内で合成生産されているほか、肉類や魚類、野菜類などに含まれていることで知られています。

そのため、安全性は極めて高く、副作用のリスクも少ないことから、年齢や性別にかかわらず多くの方がグルコサミンサプリメントやスキンケア商品などからコエンザイムQ10を摂取しています。

ただ、過剰に摂取しすぎるとまれに胃の不調や食欲不振、吐き気、下痢などの消化トラブルを起こすおそれがあるので、一日の摂取目安量を守って服用するようにしましょう。

配合サプリメント比較

・やわた 国産グルコサミン
配合量不明

「コエンザイムQ10」の関連ページ

配合成分で選ぶ

独自配合成分

コエンザイムQ10 ケルセチン イタドリ トゲドコロ 西洋ヤナギエキス デビルズクローエキス CBP 5-ロキシン エミューオイル

グルコサミンTOP

このページの先頭へ