5-ロキシン

5-ロキシンとは、インドの乾燥高地に生育するカンラン科の植物「ボスウェリアセラータ」の樹脂を原料とした健康成分です。

ボスウェリアセラータは別名「インドの乳香樹」とも呼ばれており、お香として焚いた場合、リラックス作用をもたらすことから、古代より祭壇や寺院など神聖な場で用いられてきました。

また、現地インドの伝統医療アーユルヴェーダで利用されていたことも知られており、樹脂から採取した精油は医薬品として幅広く活用されています。

ただ、近年は干ばつによって良質なボスウェリアセラータが手に入りにくくなており、5-ロキシン配合の健康食品やサプリメントも少なくなってきました。

そんな中、DHCは希少な5-ロキシンをグルコサミンサプリメント「極らくらく」に高濃度配合しており、独自のサプリメントに仕上げています。

効果

インドの伝統医学でも重宝されてきたボスウェリアセラータ=5-ロキシンは、さまざまな症状に効く
万能成分として知られています。

関節痛の緩和

骨と骨の摩擦を防ぐ軟骨の主成分「プロテオグリカン」は、グリコサミノグリカンと呼ばれるムコ多糖類によって構成されています。

5-ロキシンには、グリコサミノグリカンの分解を抑制するはたらきがあり、軟骨のすり減りを防いで関節痛の予防・緩和に優れた効果を発揮します。

5-ロキシンの関節痛への効果は臨床実験によっても認められており、変形性膝関節症の患者75名に100~250mgのボスウェリアセラータ抽出物(5-ロキシン)を投与したところ、関節症状の改善が見られたと報告されています。

なお、250mg投与したグループでは、実験開始からわずか7日目で関節障害の改善が確認されており、即効性も期待することができます。

美肌効果

5-ロキシンには細胞の生まれ変わりを促す細胞賦活作用があり、しわやたるみ、シミ、くすみなどのエイジングサインのケアに役立ちます。

実際、女性15人に5-ロキシンを30日間与えたところ、皮膚の老化障害が軽減されたというデータも報告されています。

また、毛穴をひきしめる収れん作用や、皮脂の分泌バランスを調整するはたらきもあることから、ニキビや吹き出物の予防にも有効です。

ぜんそく予防効果

5-ロキシンは粘膜の保護に役立つ成分として知られており、特に肺の殺菌・消毒に優れた効果を発揮することから、息切れや鼻風邪、ぜんそく、気管支炎など、呼吸器系のトラブル緩和にも使用されています。

中でもぜんそくに対する効果は研究によって立証されており、気管支ぜんそくの患者80人に5-ロキシンを投与したところ、70%の人のぜんそく症状が軽減されたことが確認されています。

安全性、副作用

5-ロキシンは植物であるボスウェリアセラータの樹脂から採取した成分なので、医薬品のような副作用リスクはほとんどありません。

実際、これまでに5-ロキシンに関する重篤な副作用の報告はなく、また古来より伝統的に用いられてきた成分であることから、安心・安全に利用できる健康成分と言えるでしょう。

配合サプリメント比較

・DHC 極らくらく
60mg

「5-ロキシン」の関連ページ

配合成分で選ぶ

独自配合成分

コエンザイムQ10 ケルセチン イタドリ トゲドコロ 西洋ヤナギエキス デビルズクローエキス CBP 5-ロキシン エミューオイル

グルコサミンTOP

このページの先頭へ