プロテオグリカンについて

プロテオグリカンとは、グリカン(多糖)とプロテオ(タンパク質)を複合した糖タンパク質の一種です。

ヒアルロン酸やコンドロイチン硫酸といったムコ多「グリコサミノグリカン」を研究する過程で見つかった成分で、グリコサミノグリカンと、核となるタンパク質(コアタンパク質)が結合した構造を持っているところが特徴。

生体成分として多種多様な機能を持っていることから、各種臓器をはじめ、脳や皮膚、軟骨などあらゆる場所に存在しており、生体成分の中でも最も重要な成分のひとつに数えられています。

プロテオグリカンの効果

プロテオグリカンは関節痛の予防効果はもちろん、特に肌への機能性に長けた万能成分として知られています。

関節の痛み、きしみ予防

関節にある軟骨のおよそ70%は水分で構成されていますが、残り30%はコラーゲンやヒアルロン酸、プロテオグリカンで占められています。

そのため、プロテオグリカンを摂取すると軟骨の形成が促進され、軟骨のすり減りによる関節の痛みやきしみを軽減することができます。

また、プロテオグリカンには軟骨細胞のもととなる軟骨前駆細胞の増加を促すはたらきもあり、外部からの衝撃や骨と骨の摩擦によって摩耗した軟骨を修復する効果が期待できます。

さらに、プロテオグリカンには優れた抗炎症作用があり、変形性関節症などによる炎症を鎮め、つらい痛みを解消してくれます。

美肌効果

プロテオグリカンの美肌作りへの効果は大きく分けて3つあります。

細胞賦活作用

人間の皮膚には上皮成長因子(EGF)と呼ばれる成長因子が存在しており、肌細胞の生まれ変わりという重要な役割を担っています。

EGFはもともと生体内に存在する成分ですが、加齢とともに生産量が減少。その結果、肌の生まれ変わりも停滞し、しわやたるみなどのエイジングサインが現れるようになります。

プロテオグリカンには、このEGFとよく似た「EGF様作用」が備わっており、加齢とともに減少するEGFに代わって細胞を賦活し、肌の生まれ変わりをサポートしてくれます。

ハリ、ツヤ効果

年齢とともにコラーゲンやヒアルロン酸の産生量が減少すると、真皮が表皮を支えきれなくなり、弾力のない年齢肌になってしまいます。

プロテオグリカンには、コラーゲンやヒアルロン酸の生産を促す作用があり、ハリ・ツヤのある若々しい肌へと導いてくれます。

保湿効果

プロテオグリカンにはヒアルロン酸の産生を促すはたらきがあると述べましたが、実はプロテオグリカンそのものにも優れた保湿効果が備わっています。

しかも、その効果は1gで6リットルの水を保持できるというヒアルロン酸とほぼ同程度。

特にうるおいを蓄える貯水力はヒアルロン酸の1.3倍とも言われており、みずみずしい肌作りに役立つのはもちろん、乾燥を防いでニキビや吹き出物などのトラブルを予防する効果も発揮します。

安全性、副作用

プロテオグリカンは人間の体内に存在する生体成分の一種なので、プロテオグリカン配合のグルコサミンサプリメントを毎日飲んでも副作用を起こす心配はありません。

実際、これまでプロテオグリカンによる重大な副作用の発症例は報告されておらず、安心・安全に服用できる成分と言えるでしょう。

配合サプリメント比較

・暮らしの匠
7.5mg

・ステラ漢方のグルコサミン
6mg

・あんよくん
配合量不明

「プロテオグリカン」の関連ページ

グルコサミンサプリメントの選び方 一覧

配合成分で選ぶ

MSM コラーゲン コンドロイチン ヒアルロン酸 ビタミン プロテオグリカン その他の独自配合成分

グルコサミンTOP

このページの先頭へ