コラーゲンについて

コラーゲンとは、人間を含む脊椎動物の真皮や靱帯、腱、骨、軟骨などの主成分として存在するタンパク質の一種です。

人間の体内の多くはタンパク質で構成されていますが、そのうちコラーゲンが占める割合は約30%にも及んでおり、美容・健康を維持する上で重要な成分として認識されています。

コラーゲンはアミノ酸を原料として体内で合成生産されますが、他の軟骨成分同様、加齢とともに生産量が減少する傾向にあり、外部からの積極的な摂取が推奨されています。

また、女性にとっては美肌を保つ美容成分としても注目されており、数多くのアンチエイジングコスメや美容ドリンク、美容サプリなどに活用されています。

効果

関節痛の予防・改善

コラーゲンには、軟骨を構成し、弾力をもたらすはたらきがあり、骨同士の摩擦を軽減することができます。

また、コンドロイチンやヒアルロン酸同様、軟骨の水分をキープする作用もあることから、関節のなめらかな曲げ伸ばしをサポートしてくれます。

さらに、細胞間の結合を強化する効果もあり、外部からの衝撃を吸収して関節へのダメージを和らげてくれます。

アンチエイジング効果

人間の皮膚組織では、水分以外の7割がコラーゲンで構成されています。

コラーゲンには皮膚細胞同士をつなぎ合わせるはたらきがあり、酸素や栄養素を補給する経路を作って健やかな肌を作り出します。

これらの経路は老廃物を排出する経路としても活用することができるため、余分な水分を取り除き、むくみのないスッキリとしたフェイスラインをもたらします。

さらに、コラーゲンは真皮層に数多く存在しており、下から表皮を支えてしわのない艶やかな肌を作る効果も期待できます。

骨粗鬆症を予防

年齢を重ねたり、ホルモンバランスが乱れたりすると骨密度が減少し、骨がもろくなって骨折などのケガを起こしやすくなります。

コラーゲンには丈夫な骨を作る栄養素カルシウムの定着をサポートするはたらきがあり、より効率よくカルシウムを補給して骨がスカスカになる骨粗鬆症を予防してくれます。

目の疲れ、眼病の予防

コラーゲンは目の水晶体や角膜にも存在しており、ドライアイなどの眼病を防ぐ効果のほか、異物の混入を防ぐバリア機能の強化にも役立ちます。

実際、眼科などではドライアイの治療としてコラーゲンを投与する施術なども行われています。

がん予防効果

コラーゲンには体内の免疫システムとして活躍する白血球を刺激するはたらきがあり、がんに対抗する免疫力を強化することができます。

その効果はマウスを用いた実験でも立証されており、コラーゲンを投与したマウスと投与しなかったマウスにそれぞれがん細胞を移植したところ、投与しなかったマウスはすべて死亡したのに対し、コラーゲンを投与したマウスの中には生存したものがいたことを確認。

そのマウスに再度がん細胞を移植してもがんを発症しなかったと報告されており、がん予防効果の高さに注目が集まっています。

安全性、副作用

コラーゲンは体内で合成生産されるものなので、基本的に副作用が起こりにくい安全な成分とされています。

ただ、化粧品やサプリメントなどに配合されているコラーゲンは豚を原料としたものが多く、人によってはアレルギー症状を起こしてしまう可能性があります。

そのため、アレルギー体質の方がコラーゲン入りのグルコサミンサプリメントを使用する場合は、かかりつけの医師に相談し、服用しても良いかどうか相談するようにしましょう。

コラーゲン配合サプリメント比較

・世田谷自然食品のグルコサミン+コンドロイチン
3.36mg

・サントリーのグルコサミン&コンドロイチン
300mg

・えがおのグルコサミン楽楽
配合量不明

・暮らしの匠
10mg

・四季潤
200mg

・jelly de グルコサミン
300mg

・小林製薬グルコサミン&コラーゲンセット
3.77mg

・オリヒロ 高純度 グルコサミン粒
発酵コラーゲン:100mg
Ⅱ型コラーゲン:10mg

・DHC 極らくらく
コラーゲンペプチド:120mg
Ⅱ型コラーゲン:36mg

・ヤクルトのグルコサミン&コラーゲン
1000mg

・あゆみEX
配合量不明

「コラーゲン」の関連ページ

グルコサミンサプリメントの選び方 一覧

配合成分で選ぶ

MSM コラーゲン コンドロイチン ヒアルロン酸 ビタミン プロテオグリカン その他の独自配合成分

グルコサミンTOP

このページの先頭へ