グルコサミンの効果

グルコサミンは1876年に初めて加水分解調製されて以降、世界各地で話題となり、その効果や有用性が研究されてきました。

さまざまな研究により、グルコサミンの健康・美容への効果は徐々に確立されてきましたが、一方でグルコサミンは効果がないという結果を出した研究もいくつか存在しています。

たとえば50~60歳までの女性を対象に行った比較試験の結果では、グルコサミンを摂取しても変形性関節症の発症との関連性が認められず、発症予防の効果を証明できなかったというデータが報告されています。

ただ、臨床試験によってグルコサミンの有用性が証明された研究も数多く、グルコサミン1500mgを3年間投与し続けたところ、偽薬と比較して膝関節軟骨が減少する割合や膝関節の痛み、および膝関節の機能が著しく改善したことが発表されています。

この研究では単に患者の主観的な意見だけでなく、3年間にわたって膝のレントゲンを撮影し、かつ関節のすき間をデジタル画像で正確に測定するという緻密な作業を行っており、その結果、軟骨の減少量が5分の1に縮小されたことも報告されています。

他にも、フィリピン・マニラの国立整形外科病院で行われた臨床試験では、変形性関節症患者にグルコサミンを投与したところ、2週間以内に80~100%の患者に症状の改善が見られたなど、世界各地でグルコサミンの有用性を立証する研究結果が残されています。

もちろん、実際の効果には個人差がありますが、さまざまな研究を通じて科学的有用性が認められたケースが数多く存在すること。また、実際にグルコサミンを使用して症状が緩和したという口コミ・体験談も多く寄せられていることから、関節痛やうるおい不足に悩んでいる方にとって試す価値のある成分と言えるでしょう。

グルコサミンの2つの効果・効能

グルコサミンに期待できる効果・効能は大きく分けて2つあります。

健康効果

グルコサミンは骨と骨の間に存在する軟骨の主成分なので、定期的に摂取することで加齢などによる軟骨の摩耗を防ぐことができます。

また、高血圧や動脈硬化の予防にも期待が寄せられていますが、こちらは臨床研究によってはっきり効果が認められているわけではないため、業界でも賛否両論となっています。

美容効果

グルコサミンは保湿成分ヒアルロン酸の主原料となることから、乾燥による肌のカサつきを防ぐ効果が期待できます。

乾燥が改善するとニキビや吹き出物などの肌荒れも防ぐことができるので、肌トラブルに悩んでいる方に効果的な成分と言えるでしょう。

グルコサミンTOP

このページの先頭へ